post

こだわりのビーガンカフェ

通常のビーガンカフェとは違う、特にこだわりの強いお店をここでは集めてみました。さすが東京には、多様なビーガンカフェが存在しているのです。

HEMP CAFE TOKYO

こだわりのビーガンカフェ 1 - こだわりのビーガンカフェ

近年その価値が大きく見直されるようになったヘンプですが、このお店はそんなヘンプを中心に扱うビーガンカフェです。100%ビーガンメニューを用意し、グルテンフリーのようなアレルギー対応もおこなってくれます。

なぎ食堂

こだわりのビーガンカフェ 2 - こだわりのビーガンカフェ

単なるビーガン食というわけではなく、その味にこだわったお店がこのなぎ食堂です。その味はビーガン料理と言われなければ気付かないほどなので、ビーガンでない方にもお勧めです。

post

ビーガンについて

ここで一度ビーガン(またはヴィーガン)について、改めて説明していきたいと思います。だいぶ理解が進んだとはいえ、未だベジタリアンとの違いを理解していない方も多いからです。

ベジタリアンとの違い

ビーガンを日本語に訳すと、完全菜食主義者と訳されます。つまりあらゆる動物性食品を食べない人たちをビーガンと呼びます。

それってベジタリアンのことじゃないの?とあまり詳しくない方は思うかもしれませんが、実はベジタリアンの中にもどの程度動物性食品を摂るかで色々なタイプがあるのです。例えば、動物性食品の中でも牛乳やチーズのような乳製品は摂るベジタリアンもいれば、乳製品と鶏卵はオッケーといったタイプのベジタリアンもいるのです。その中でも、全く動物性食品を摂らないタイプがビーガンなのです。

主なベジタリアンのタイプを以下にまとめてみました。

*ビーガン:植物性食品のみ

*ラクト・ベジタリアン:植物性食品と乳製品

*オボ・ベジタリアン:植物性食品と卵

*ラクト・オボ・ベジタリアン:植物性食品と乳製品、卵

*ペスコ・ベジタリアン:植物性食品と乳製品、卵、魚