post

隠れ家的ビーガンカフェ

少し都心から離れた所にある、隠れ家的ビーガンカフェを紹介します。

リトルッカ

隠れ家的ビーガンカフェ 1 - 隠れ家的ビーガンカフェ

閑静な住宅地である練馬区の落ち着いた雰囲気の中で、ビーガン料理を楽しむ完全予約制のお店です。グルテンフリーのようなアレルギーへの対応もおこなっています。

根津の谷

古き良き町並みを多分に残す文京区根津。そんな落ち着いた街に居を構えるこのお店は、化学調味料を使わないビーガン料理を提供しています。この落ち着きのある木造りの店内でなら、ゆったりとカジ旅 スマホのような娯楽にも耽ることができるはずです。

post

ビーガンについて

ここで一度ビーガン(またはヴィーガン)について、改めて説明していきたいと思います。だいぶ理解が進んだとはいえ、未だベジタリアンとの違いを理解していない方も多いからです。

ベジタリアンとの違い

ビーガンを日本語に訳すと、完全菜食主義者と訳されます。つまりあらゆる動物性食品を食べない人たちをビーガンと呼びます。

それってベジタリアンのことじゃないの?とあまり詳しくない方は思うかもしれませんが、実はベジタリアンの中にもどの程度動物性食品を摂るかで色々なタイプがあるのです。例えば、動物性食品の中でも牛乳やチーズのような乳製品は摂るベジタリアンもいれば、乳製品と鶏卵はオッケーといったタイプのベジタリアンもいるのです。その中でも、全く動物性食品を摂らないタイプがビーガンなのです。

主なベジタリアンのタイプを以下にまとめてみました。

*ビーガン:植物性食品のみ

*ラクト・ベジタリアン:植物性食品と乳製品

*オボ・ベジタリアン:植物性食品と卵

*ラクト・オボ・ベジタリアン:植物性食品と乳製品、卵

*ペスコ・ベジタリアン:植物性食品と乳製品、卵、魚

post

東京のビーガンカフェ

国際都市でもある東京には、ビーガンの多い海外の方でも十分満足できるビーガンカフェ、レストランが数多く存在しています。ここではそんな数多のビーガンカフェの中から、お勧めのものを幾つか紹介していきます。

Began Cafe by Love

東京のビーガンカフェ 1 - 東京のビーガンカフェ

西麻布にあるこのビーガンカフェは、ビーガン食というだけではなくオーガニックな食材にもこだわった健康志向の強いお店です。だからといって味に妥協することはなく、そして魅力的なスイーツまで用意しています。

The Farm Cafe

東京のビーガンカフェ 2 - 東京のビーガンカフェ

浅草にあるこのビーガンカフェは、100%植物性の料理に添加物不使用というこだわりのお店です。また、仏教の精進料理などで避けられている五葷を抜いた料理にも対応してくれます。加えて、店舗で食事を提供するだけではなく、冷凍パックで自慢の料理の全国配送をおこなってくれているのも嬉しいところです。同様に全国配送してもらえるオリジナルビーガンふりかけも、お土産として万人に喜ばれる一品です。